Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bosomiestss.blog110.fc2.com/tb.php/171-ce94cca7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

中華航空機


ボルト一本の管理(中華航空737-800機の炎上事故)
沖縄空港で、中華航空機ボーイング737-800(ハイテク機)が着陸後、燃料が漏れて、炎上し、間一髪で、乗務員乗客が助かった。その事故の原因が、ボルト一本が欠落で引き起こしたことが、事故調査委員会で判明したのである。ボルトというのは、もの ...(続きを読む)


中華航空機(チャイナエアライン)炎上事故
先日、中華航空機(チャイナエアライン)炎上事故があったが、 5月に香港へ行った時、中華航空機(チャイナエアライン)だったので、その時にトラブルが無くて良かったと思う。 その時の機体は、結構古そうだったので、ちょっと心配だったが、行き帰り ...(続きを読む)


つるの式:自己演出コミュニケーション: 中華航空機の事故処理に見る ...
那覇空港で炎上した中華航空機の事故処理を見ていると、PRのプロの仕事を感じます。 航空機の運用とはまったく違うところで、日本企業の危機管理で参考になるところがありますね。 (8/22/07付 asahi.comの記事) asahi.comには、「中華航空機 ...(続きを読む)



1994年から今回にかけての中華航空機の事故の発生率は確率的に無さそうなほど...
1994年から今回にかけての中華航空機の事故の発生率は確率的に無さそうなほど頻発しているように私には思えます。「中華人民共和国のスパイによる仕業である」と考えてはいけない理由はあるのでしょうか。中国が台湾に、「誰の目にもすぐにそれとは分からないような何かをする」というのは、中国と台湾との関係から類推するとありそうなこのように思えるのですが。かつての大韓航空機事故の時の元北朝鮮の女性工作員、キム・ヒョンヒさんの事例もあるので、あってもおかしくないように私には思えます。(続きを読む)



中央燃料タンクにも引火、中華航空機事故調調べ
日本経済新聞
那覇空港の中華航空機炎上事故で、事故を起こした中華航空120便(ボーイング737―800型機)の両翼の間にある中央燃料タンクにも引火した可能性が高いことが22日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かった。 事故調は、翼と右エンジンを ...(続きを読む)


中華航空機が緊急着陸
日刊スポーツ
22日午後8時40分ごろ、台北から中部国際空港に向かっていた中華航空150便エアバスA330(乗客乗員163人)から、「燃料が不足しそうなので着陸を優先させてほしい」と、国土交通省関西空港事務所に緊急着陸の要請があった。同機は約5分後に関西空港に無事 ...(続きを読む)


事故調、米国・台湾と合同調査開始 中華航空機事故
朝日新聞
那覇空港で起きた中華航空機炎上事故を調べている国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は22日、米国と台湾の調査チームと初めての合同調査を行った。炎上の原因となった燃料漏れが生じたと見られる右主翼とエンジンとの接合部(パイロン)を中心に調査を進める方針だった ...(続きを読む)



ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!生えなければ全額返金

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bosomiestss.blog110.fc2.com/tb.php/171-ce94cca7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。